荷主様の声に答える営業倉庫として、創業70年のノウハウを力に

マルエス合資会社

| HOME | 会社案内 | 事業案内 | CSR(社会・環境) | 営業案内 | カレンダー | お問い合わせ | サイトマップ |

事業案内

会社概要
組織
合資会社とは
下中野事業所
 会社概要

商号 マルエス合資会社
創業 昭和22年9月1日
代表者 代表社員 小島雅典
資本金 2300万円
従業員数 25名
中野事業所 群馬県邑楽郡邑楽町中野5298−1 【地図
           TEL 0276-88-0100
       FAX 0276-88-7267
椛O原産業 群馬県邑楽郡邑楽町新中野130−21【地図
  椛O原港湾内マルエス事業所      
取引銀行 足利銀行 館林支店
商工中金 足利支店
ページ上部へ移動
 組織

営業部 統括営業、協力倉庫管理
倉庫部 寄託品の保管・管理・流通加工・情報システム
人材開発部 豊富な経験をもとに人財の開発と技術継承
総務部 労務・人事・経理・庶務
ページ上部へ移動
 合資会社とは

ここでは、合資会社・株式会社・有限会社の簡単な仕組みと、その違いを説明します。 まず広辞苑で調べてみると、下記のような記載があります。

【合資会社】ごうし‐がいしゃ
無限責任社員と有限責任社員とで組織される会社。

【株式会社】かぶしき‐がいしゃ
資本金が株式という均等な形式に分割され、出資者すなわち株主が組織する有限責任会社。その機関は、株主総会・取締役会・代表取締役・監査役などから成る。

【有限会社】ゆうげん‐がいしゃ
商行為その他の営利行為をなす目的で有限会社法によって設立された社団法人。実質的には、商法上の合名会社・合資会社・株式会社と同列に置かれるべき会社であるが、立法上の都合で特別法による。人的会社の典型たる合名会社と、物的会社の典型たる株式会社との長所を採り入れた中間的企業形態で、社員の有限責任を認めながら、しかも設立や組織を簡易化し、社員の総数を原則として50人以下に限定し、営業状態も一々公告する必要のないことなどが特徴。

有限責任社員という言葉がよく出てきました。この言葉の意味は下記のとうりです。

有限責任社員は会社に出資した額を限度として、会社の責務を負わなくてはならない社員です。

有限責任社員はその出資(<しゅっし>組合・会社の事業を遂行するために、組合員・社員が資金を出すこと)の価額を限度として会社の責務を弁済(<べんさい>債権の内容を実現する債務者の行為。債権の内容を実現する行為の方面からは履行といい、債権消滅の方面からは弁済という)する責に任ず、但し、既に会社に対し履行を為したる出資の価額に付いてはこの限りに在らず。

前項但書の規定の適用に付いては会社に利益なきに拘らず配当を受ける金額は之を控除(<こうじょ>(金額・数量などを)さしひくこと。ひきさること。)して其の出資の価額を定む。)

これに対して無限責任社員とは、上記の規定などは関係がなく無限に責任を取る社員です。

株式会社や有限会社に無限責任社員はいませんが、合資会社にはいます。

これは、無限責任社員や有限責任社員はもちろん、社員のひとりひとりが責任をもって業務にあたる証といえましょう。

マルエス合資会社は、有限会社や株式会社にはならず、合資会社の姿勢でこれからも末永く続けていく所存です。これは、私たちがこれからも人間同士の関係や、繋がりを大切にしていきたい強い思いからです。

ページ上部へ移動

日本倉庫協会会員
倉庫証券発行

マルエス合資会社

群馬県邑楽郡邑楽町中野5298-1

Copyright:(C) 2005-2018 Maruesu Limited Partnership. All Rights Reserved.